DreamApply

Blog

出願者はどこへ行くのか?

新しい入学者1名が実際に入学してくるまでに必要な願書数はいくつでしょうか? 一見すると、実際に提出されたアプリケーションを数えて、その答えは” 5 “ですが、より深く見てみると、その答えは”10″になります。 なぜそうなのかを検討する前に、このデータを取得した方法の背景を説明します。 どのようにしてデータを取得したのか? DreamApplyは、世界中の数百の大学に出願管理システムを提供し、入学プロセスのあらゆる段階でどれだけの出願者が得られたか、または失われたかがわかるようにしています。 DreamApplyは、学生が興味をもった瞬間から進捗状況の追跡を開始します。学校は、学生がアプリケーションの各セクションを記入しはじめ、保存するところから、願書を最終的に送信するまでの進捗状況を確認できます。 このステップの後、入学部門から部門長、教授、審査委員会、およびその他の関係者に引き継がれる際に、願書にステータスの進行が割り当てられます。 最終的に、一部の幸運な学生は合格通知を受け取り、設定された期限内に入学または入学辞退を選択します。 前述のように、それぞれの学校は独自のプロセスフローを利用しますが、全体的な集計の分析はそれでも興味深いベンチマークを提供することができます。もちろん、DreamApplyのユーザーは、すでに自校の数値についてより深い洞察を持っていると思います。 数字を見てみましょう! 以下の統計は、DreamApplyプラットフォームのすべてのユーザーの最新の出願者約60万人の情報に基づいています。…